photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo


ZOGA-H


プロジェクトのきっかけは、この限られた予算で新築の住宅を建てることは可能か?という相談だった。工事にかけられる予算は約1,500万円で色々なところに相談したがうまくいかず、私たちのところでダメなら新築は諦めるとの事だった。予算が限られている事が必ずしも建築の強度に影響するとは限らない。贅肉を落とし、体を動かす事に最も適した過不足ない筋肉を持ったアスリートのように、本当に必要なものだけを残したプリミティブで力強い建築を目指した。1階平面の約半分は基礎打ち土間仕上げとし、その上部の2階床を光の落ちるルーバー床とした。土間とルーバー床の接する短手壁に、トイレの換気窓を除くこの家全てのサッシ6枚を集中して設けた。階を跨いで設けられたサッシは、それ自体が手摺となり余分なディテールとコストを排除した。また、この住宅では「集める」ということについて考えた。窓を集め、明るさを集め、開放感を集め、抜けを集めた。1つ1つは凡庸で力無いが、それらの小さな力の集積が大きな力となり、凡庸ではない特別な空間が生まれるのではないかと考えた。ローコストを諦めず、潔さを学び、普通を疑い、本当に必要なものだけを残す。竹林からの風が吹き抜ける清爽とした家となった。


建築敷地 : 広島県
竣工年月 : 2020年9月
工事種別 : 新築
主要用途 : 専用住宅
主要構造 : 木造 地上2階
敷地面積 : 233.99m2
建築面積 : 29.81m2
延床面積 : 59.62m2
構造設計 : 鈴木啓/ASA
施工会社 : 中工務店 担当 : 中和也
写真撮影 : 藤井浩司/TOREAL


Location : hiroshima
Completion : September 2020
Construction type : New construction
Principal use : Private residence
Structure : Wooden Two stories
Site area : 233.99m2
Building area : 29.81m2
Total floor area : 59.62m2
Structure design : Akira Suzuki/ASA
Construction company : NAKAHOME Staff : Kazuya Naka
Photography : Koji Fujii/TOREAL


新建築住宅特集 2021年3月号 掲載


top




© KANIUE ARCHITECTS